インターナショナルスクールの特徴

インターナショナルスクール

インターナショナルスクールの特徴

インターナショナルスクールというのは、もともと外国人児童が対象になった教育施設ですが、日本では学校教育法で規定のある学校ではありません。そういうこともあって、スクールによっては義務教育の受講が認められないこともあります。インターナショナルスクールの授業は、基本的にはその全てが英語で行われているのが特徴ですが、外国人児童が対象となった教育施設というのは、もともとはスクール設立当初の概念であったこともあり、近年ではその内容は変わりつつあります。また、現在はどのような人たちが通っているかというと、最近は主にアジア系の生徒さんが増えているようです。「インターナショナル」という名の通り、多種多様な国籍を持った生徒さんが通って勉強しています。ちなみに東京にあるインターナショナルスクールの場合は、30から40カ国程度の国籍を持った生徒さんが在籍しているのが特徴です。なお、他国のスクールで学んだ日本人の中には、帰国後も転勤に備えて新たにスクールに入学する人も少なくありません。

お知らせ

一覧