インターナショナルスクールから進学できる大学

インターナショナルスクール

インターナショナルスクールから進学できる大学

日本の大学の中には帰国子女向けの受験を用意しているところがあります。一般的な日本人であれば普通に高校を卒業したりして受験資格を得ます。このときは試験を受けたり面接を受けたりは通常通り日本語で行われます。しかし帰国子女は海外での生活が長いと日本語力が弱くなる時があります。そこで英語力を重視した試験になっていて、海外生活により英語力が高いのであれば通常の受験をするより帰国子女向けを受ける方が合格しやすくなります。日本にあるインターナショナルスクールに関しては日本の学校として認可されていないところも多いですが、語学力のある生徒として認められる時があります。海外に住んでいて日本のインターナショナルスクールで高卒まで過ごす人などが受験できるよう帰国子女として扱ってもらえます。ただ帰国子女向けとして特定の学部が用意されていることがあり選択肢が狭まるときもあります。国際関係の学部しか選べないときもあるので注意しましょう。

お知らせ

一覧